東京、多摩、調布市、を中心に塗装・塗り替え・防水・雨漏り・マンション改修を請けたまわります

防水2

下地補修工事

マンション改修では必ず行う工事ですが、一般の方には「何をするの?何をしているの?」の声も多いので、写真をもとに簡単な説明です。

擦り込み

0.3 ミリ以下のひび割れに対しての工事となります。

ひび割れ箇所を確認

ひび割れ箇所を確認

ブラシでゴシゴシ

ブラシでゴシゴシ

ポリマーセメントでグリグリ

ポリマーセメントでグリグリ

完了

完了

U カット

0.3 ミリ以上のひび割れに対して行う工事です。

1. ひび割れの確認

1.ひび割れの確認

2.サンダーで溝を作成

2.サンダーで溝を作成

3.埃(粉塵)を落として

3.埃(粉塵)を落として

4.プライマー塗布

4.プライマー塗布

5.シール材充填

5.シール材充填

6.ヘラ押え

6.ヘラ押え

7.樹脂モルタルで平らにして

7.樹脂モルタルで平らにして

8.完了

8.完了

低圧注入

これも0.3 ミリ以上のひび割れに行う工事ですが、U カットに比べ割高です。

簡単に言うと、注射器にエポキシ樹脂を詰めて、輪ゴムの縮む力を利用し少しずつジワーっと、ひび割れの中に樹脂を注入していきます。
外からは見えませんが、中でくっついている状態。
もちろん施工後には、注射器もろもろ撤去します。

注入工事:タイル編

1.浮いているタイルの

1.浮いているタイルの

2.目地部分に穴を開けて

2.目地部分に穴を開けて

3.エポキシ樹脂を注入

3.エポキシ樹脂を注入

4.ステンレス製のピンを突っ込んで

4.ステンレス製のピンを突っ込んで

5.目地材で穴を埋めたら

5.目地材で穴を埋めたら

6.出来上がり

6.出来上がり

注入工事:モルタル編

1.浮いている部分に

1.浮いている部分に

2.ドリルで穴をあけます

2.ドリルで穴をあけます

3.穴の中の粉塵を吹き出します。

3.穴の中の粉塵を吹き出します。

4.エポキシ樹脂を注入して

4.エポキシ樹脂を注入して

5.ステンレスピンを突っ込んで

5.ステンレスピンを突っ込んで

6.樹脂モルタルで穴を埋めたら

6.樹脂モルタルで穴を埋めたら

7.出来上がり

7.出来上がり

塗膜補修

既存塗膜の脆弱な部分に行います。

1.剥離塗膜を見つけたら

1.剥離塗膜を見つけたら

2.ガリガリ削って

2.ガリガリ削って

3.ブラシで掃除

3.ブラシで掃除

4.シーラーを塗って

4.シーラーを塗って

5.樹脂モルタルで段差を修正

5.樹脂モルタルで段差を修正

6.出来上がり

6.出来上がり

欠損補修

その名の通り壁の欠けている部分を直します。

1.見つけたら

1.見つけたら

2.ガシガシ斫ります

2.ガシガシ斫ります

3.ブラシできれいにして

3.ブラシできれいにして

4.プライマー塗って

4.プライマー塗って

5.軽量型の樹脂モルタルを付けて

5.軽量型の樹脂モルタルを付けて

6.コテで整えたら完了

6.コテで整えたら完了

爆裂補修

躯体への浸水により鉄筋が錆びると、錆による膨張によりコンクリートを押し上、最後には落っこちてしまいます。ひび割れ箇所から錆色の跡が出ていたら要注意!

1.見つけたら

1.見つけたら

2.ガシガシ斫って

2.ガシガシ斫って

3.防錆型のプライマーを塗布

3.防錆型のプライマーを塗布

4. 軽量型の樹脂モルタルを付けたら出来上がり。

4. 軽量型の樹脂モルタルを付けたら出来上がり。

ウレタン防水

1. 施工前(洗浄後)

1. 施工前(洗浄後)

2.カチオン塗って

2.カチオン塗って

3.バックアップ材を詰めます

3.バックアップ材を詰めます

4.目地にシールを打ち

4.目地にシールを打ち

5.全面にプライマー

5.全面にプライマー

6.ドレンには

6.ドレンには

7.改修用ドレンを装着

7.改修用ドレンを装着

8.自着シートを貼って

8.自着シートを貼って

9.クロスで補強

9.クロスで補強

10.クロス部分にウレタン

10.クロス部分にウレタン

11.全面にウレタン

11.全面にウレタン

12.もう一回ウレタン

12.もう一回ウレタン

13.トップ塗って

13.トップ塗って

14.ストレーナー付けて

14.ストレーナー付けて

15.脱気筒も

15.脱気筒も

16.完了

16.完了

塩ビシート機械固定

近年の屋上防水の主流ですが、一般の方には見る機会もなく、その上工事中はうるさいという・・・(スイマセン)。
少しでも、工事の内容を知ってもらえたらと思います。

1.施工前

1.施工前

2.洗浄、笠木撤去後

2.洗浄、笠木撤去後


※基本機械固定の場合は洗わなくても大丈夫ですが、ごみを残して袋綴じするようなものなので、出来れば洗いましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 伸縮目地の撤去

3. 伸縮目地の撤去

4.バックアップ材を詰め

4.バックアップ材を詰め

5.絶縁シートを敷いて(立上り・笠木に関しては、構造・端末の形状により工法が変わりますので、今回は省きます)

5.絶縁シートを敷いて(立上り・笠木に関しては、構造・端末の形状により工法が変わりますので、今回は省きます)

6.入隅には鋼板

6.入隅には鋼板

7.平場にはディスクを設置

7.平場にはディスクを設置

8. 設置後(この鋼板とディスクにのみシー

8. 設置後(この鋼板とディスクにのみシー
トをくっつけます。それ以外の部分は浮いている状態になるので、歪に強い理由です)

9.ドレン部分をくり抜き

9.ドレン部分をくり抜き

10.改修用ドレンを差して

10.改修用ドレンを差して

11.穴にフィットさせます

11.穴にフィットさせます

12.シートを敷いて

12.シートを敷いて

13.液溶着

13.液溶着

14.誘導加熱装置で

14.誘導加熱装置で

15.融着

15.融着

16.ドレン部分を切り込み

16.ドレン部分を切り込み

17.熱融着による補強

17.熱融着による補強

18.脱気筒も

18.脱気筒も

19.こんな感じ

19.こんな感じ

20.液状シール材でカバー

20.液状シール材でカバー

21.台座を付けて

21.台座を付けて

22.外した笠木を戻したら

22.外した笠木を戻したら

23.完了です

23.完了です

フリーダイヤル 良い色 トーシン TEL 0120-416-104

PAGETOP